2005年06月22日

愛・地球博/番外編・帰り道


行きの高速代が6000円足らず。


 ( ̄〜 ̄ 家計補助のため、パパ、がんばりまーす。


帰りは会場から奈良県・天理まで、ひたすら一般道でがんばりました。
名阪国道に入るまでは、カーナビにしたがってR1を使ったのですが、
どうもこれが失敗だったようです。


 ( ̄_ ̄メ また、オマヘはご主人様にウソついたのか・・・。


いったい、彼に何回だまされてきたのやら。
ほんとはずーーーーーと一般道の予定でしたが、R1で無駄にノロノロ運転で
時間を費やしてしまったため、日付も変わってしまい、疲れて根性がなくなって
しまったので、天理からは阪神高速を使ってかえりました。
それでも高速料金は2000円程度。行きの半分以下ですんだんで良しとしましょう。

あとはオービスにつかまってないことを祈ります・・・。


あ、もちろん、ヨメ&りちゅは後部座席で爆睡でした。


 (−o− zzzzz

 (-o- zzz


やれやれ。
posted by しげ at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 愛・地球博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛・地球博/その他



ざっくりと、万博のあちこちを。

こいの池。
対岸のパビリオンにマンモスがいます。






からくり人形。
毎時15分と45分に上演。


 ( ̄〜 ̄; なんか中途半端な時間やなぁ

 (^o^ ・・・

 ( ̄_ ̄; ・・・(楽しいんか?)


大人と子供とでは、興味の対象が違いますね。






グローバルトラム。
人が先導しています。
つまり、そのくらいのんびりしたスピードってことです。






グローバルループ。
このとき、夕方です。
やっぱり、バテバテの人が多いです。






乗りたかったけど、乗れなかった、ワンダーホイール。


 (・〜・;; あたし、もーだめ。60分も並んでられない。

 ( ̄_ ̄; うーむ。


たまごちゃんがいなきゃ、無理にでも乗ったんだけど、残念。
posted by しげ at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛・地球博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

愛・地球博/ワンダーサーカス電力館



待ち時間40分ながらも結構サクサク進んでいたので並んでみました。
次々やってくる乗り物に乗って行くタイプなので、中も混んでましたが
人は常に流れていたので思いのほか早く乗れた気がします。






ここは電車系ライドで旅をして・・・・


 ( ̄_ ̄; 何を理解するのだろう??


よくわかりませんでしたが、楽しかったっす。
目的を理解できないけど、楽しい。
万博全般を通じて・・・以下略。





ま、りちゅが楽しんでくれればそれでOKです。
ほんと目を輝かせてましたから。

ライドとしては楽しかったっす。
はい。
posted by しげ at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛・地球博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛・地球博/サツキとメイの家(その2)



さて、最初はC組が家の中、D組が家の外。
15分で入れ替えです。


まずは表札。
「草壁」さんちです。

映画では、この石の門柱は水路を渡ったとこにあり、家はそこから
すこし坂を上った場所にありますが、地形までは真似できなったようです。






家の全体。




そして玄関。


 ( ̄O ̄; おぉーまんまやんけ。

 (^o^ サツキとメイのおうち!すごーい!!



りちゅ、大暴走開始・・・(汗)。





家の中は撮影禁止だったので外から紹介します。

室内はこんな感じ。
映画そのままに再現されています
全体的に映画でうけるイメージよりもこじんまり。
食卓のある部屋もこんなにちいさかったっけ?ってかんじ。






台所。
サツキとメイがまっくろくろすけに最初に出会う場所です。

posted by しげ at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛・地球博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛・地球博/サツキとメイの家(その3)



おふろ。
・・・の入り口。




お父さんの書斎。
小物までリアルに再現されてます。

これらを手に触れて体験できるなんて、「ジブリスト」ならずとも
感動です。


 (・o・ 感謝してよ。

 ( ̄ー ̄ へへぇ





こちら、メイが小トトロをみつけた穴開きバケツ。
「お約束」のポーズで喜んでるのは、当然りちゅです。




小トトロが逃げ込んだ軒下。




軒下拡大。
バケツとスコップまで再現してあります。

posted by しげ at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛・地球博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛・地球博/サツキとメイの家(その1)


今回の万博の目玉です。

しげ家もこれが目的です。


サツキとメイの家は、日本庭園の奥。
愛知県館から東に日本庭園に抜ける道以外にはアクセス方法がない(といっても等しい)
ので、南からアクセスしようとは思わないほうがよいです。


観覧予約は13時からなのですが、受付は12:25からできました。
受付順に、ABCDの4グループに分かれて観覧します。





こんなパスをもらえます。
あと、昭和30年当時の読売新聞とサツキとメイの家のパンフと。


観覧時間は30分。
AB組が先行して13時から観覧、CD組は13時半頃からの観覧となります。





AB組が観覧している間、CD組は順番待ち。
(AB組も、前の時間のCD組が終わる順番待ちをするので待ち時間は同じくらいです)

その間に係りの人から説明を受けたり、スタンプ押したりして待ちます。





あと、バス停で写真を撮ったり。
サツキがお父さんを迎えに行ってトトロとであったバス停です。
写真は裏側になりますが、表側はちゃんと映画と同じになってます。

ところで余った2枚の券ですが、


 (・o・ せっかくだから親子連れにあげたいんだけど・・・


運悪くそういう人に出会えなかったので、女子大生?くらいの2人組にあげました。
カノジョ達にはたいそう喜んでもらえました。






時間がきたらいざ出陣。

このあたりも元々公園があったところのようで、部分的に万博とはちがった形で整備されてます。
この池も元からあるヤツでしょう。


posted by しげ at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛・地球博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛・地球博/サツキとメイの家(その4)



軒下に追い込んだ小トトロをメイが見張ってた軒下。
ドングリがおいてあります。



そしてわずが30分の観覧は終了。


 ( ̄ー ̄ はい、おしまいだよ。

 (>_< いや〜〜〜〜〜っ!もっと見るぅ〜〜〜〜っ!!


確かに短いけど、沢山の人に見てもらったほうがいいですからねぇ・・。





選に漏れた方々はこちらから。
この様子を見ると、ちょっと優越感に浸れたりして・・・。


その他、写真には撮ってませんが

・玄関の下駄箱にトトロに貸して返して貰ったお父さんの傘がある
・屋根がわらの鬼瓦部分が「と」のマーク
・屋根にトンボの置物がある
・お父さんの書斎のカレンダーはやっぱり「五月」

などのこだわりがあるそうです。


正直、りちゅならずとも、もう一度行きたいっ!!!
posted by しげ at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛・地球博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛・地球博/なぞのキャラクターモリゾーとキッコロ。



出会いの場所はかなり限られております。

ゲートに入ったところすぐに、こうやって、本日の行動予定が記されているのですが


 ( ̄_ ̄; ITを活用しろよ


これを見落としてると、一体どこに出没してるのかわかりません。
会場全体の案内をもっとあちこちで確認できるようにしてほしいもんです。
21世紀の万博なのに・・・以下略。




さて3時ごろ、モリゾーキッコロメッセに行くとちょうど休憩に
入ろうとするモリゾーとキッコロを発見。


モリゾーキッコロメッセの裏手が休憩場所のようで、さよならを
してくれてました。

モリゾーはとっとと休憩したそうにしてましたが。







これで、出会いはおしまい、と思ってたら、帰りの長久手駐車場で


 ( ̄ー ̄ おぉっ!!らっきぃ〜!!


最後のお見送りつきでした。

駐車場の係りの人もつぶやいてましたが、


 ( ̄ー ̄ もっとモリゾーとキッコロと触れ合う場所をつくってくれ。


そのほうが、子供づれは喜べるのです。
はい。





おまけ。
リアルモリゾー。
posted by しげ at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛・地球博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛・地球博/ロボットステーション



うわさのコンパニオンはここにいます。


 ( ̄O ̄; 変だけど、リアルやん


まばたきをしたり、適度にゆれたり。
人間が機械のように完全に静止できない様がうまく表現されてます。
これで歩きだしたりしたらすげーよなぁ。。。






こちらは松下のお掃除ロボット。
取引先の会社がこの中のセンサーを開発したとか。


 (・o・; こんな大きかったら、我が家の掃除は無理やん。

 ( ̄〜 ̄; 実用サイズになるにはあと10年はかかるだろうなぁ・・・


ここのパビリオンが一番未来を感じられる場所かもしれません。

posted by しげ at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛・地球博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛・地球博/モリゾーキッコロメッセ


IMTSをメッセ前で降りると、メッセの前でお兄ちゃんが大声で
呼び込みしてました。


 (^O^ 3時からQRIOのショーがはじまりまーす!!

 ( ̄ー ̄ ・・・いくべし

 (・o・; えぇ??なに、なに???






QRIOはソニーが開発したロボットです。
こちらがショーの様子・・・ってビデオ撮影してたんで写真は撮ってないです。
替わりに飾ってあったQRIOです。

ショーは呼び込みの甲斐あってか、満員になりました。

なかなかの芸達者です。
すごいっす。
これなら「あの」番組に出ても勝てるかも(笑)。

いろんな出し物をやってるので、ここ(メッセ)は要チェックですね。


 ( ̄_ ̄; 行って見るまでわからんのは、(以下略







おまけ。
トヨタ館で演奏するロボット。
飾ってあるだけ?でしたが。


posted by しげ at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛・地球博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

愛・地球博/ガスパビリオン



軽い晩飯後、ガスパビリオンへ。
ヨメに先行して並びに行ってもらいました。
しかし・・・


 (・o・メ もー、写真ばっかとってるから!!!!

 ( ̄〜 ̄; んにゃ???

 (・o・メ あたしの直前で締め切られちゃったわよっ!!!

 ( ̄_ ̄; え、もう?


19時10分で最後の上映だったそうです。

実際、万博そのものは22時までなんで、早く終わるなら早く終わるで教えてほしいっす。
各パビリオンの閉館時間は、各パビリオンによって決まってるようですが、
どこにもその情報がのってないし。

21世紀なんだし(?)ITを活用して、情報をもっと広く伝えることはできないのかなぁ。場内のあちこちに、電光掲示することは難しくないでしょ??

ちょっと残念でした・・・。
posted by しげ at 23:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 愛・地球博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛・地球博/JR東海 超電導リニア館



(^o^ ばんぱくぅ〜!!!


万博のガイドブックにあったJR東海館を見て、りちゅの中では

 万博=リニア館

という図式ができたようです。
リニアを見て、「万博!!」「万博!!」と大騒ぎしてます。


ここでは超電導の仕組みを説明する超電導ラボ、リニアのスピードを実感できる3Dシアター、
リニアの実機見学の3つができます。
実機見学以外は順番待ちだし、3Dシアターは3Dメガネが必要なので、
リニアの実機見学だけしました。


 (^o^ しんかんせ〜ん!!!






車内はほんと新幹線のようです。
AB、CDの2列シートなのに、新幹線よりもだいぶ狭いっす。
写真の通り、この中は見学用にABシートだけになってます。
慌てて撮ったので、ぶれちゃってます。


 ( ̄_ ̄; これじゃ、車内販売も大変じゃな。


天井もだいぶ低いので、外人さんたちには不評になりそうです。


以上。
ほんと、座席見学です。


 ( ̄_ ̄; 座席をみても、おもしろくないぞー!!


せめて運転席くらい見せとくれ>JR
車内で運転席から見た走行中の映像を流してますが、次々と人が入って
くるので、立ち止まってゆっくり見るのは気が引けます

もう少しうまくハードを活かしてほしかった。




扉はかっこいいっす。


ついでに、もひとつ文句を。

お土産品高すぎるぞ!!
リニアのチョロQが2000円と3000円!?
リアルだけど、高すぎるわい。


 (^o^ 電車、みるぅ〜!!!

 (つ_T りちゅ、ごめんよぉ〜。高くて買えねぇよ。


そういや、学生の頃、先生が


 (◎△◎ 超電導の「電導」はわしらにいわせりゃ誤字じゃっ!!


といってたことを思い出しました。
「熱伝導」とかの「伝導」の一種が「超伝導」なので、「超伝導」が正しくて「超電導」は
間違いなんだとか。

どっちゃでもええ話ですが。

posted by しげ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛・地球博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛・地球博/長久手日本館編



整理券で優先入場したので、1時間以上待ちの行列とは
無関係に入れました。





パビリオンはこんな感じで、巨大な「竹かご」の中に
あります。




カゴの中の壁面にはこういう感じで、ササが植えてあります。
自然の力を活かして、冷房代を抑えようという考えです。


 ( ̄ー ̄ うちもこの作戦を使ったらどう?

 (・o・メ 植木の手入れが面倒だからヤダ。


自然にやさしくない女です・・・。


さて、優先入場の人は裏口みたいなとこから合流します。
裏口はベニヤ張りの通路でした・・。


 ( ̄_ ̄; このベニヤ貼りの通路はなんだかなぁ・・・


と、ぼそっとつぶやくと、係員のおねえちゃんから


 (δーδ 再利用できるようになってるんですよ


とツッコミが入りました。


 ( ̄_ ̄; 恐縮です・・・

 (δーδ よく言われるんです。作りかけなの?って


だれもがおんなじことを考えるようです。
でもでも、なんか貧乏くさい・・・(ぼそっ)。




このパビリオンでは、「つなぎ直そう。人と自然」をテーマにしてるのですが、
でもでも・・・


 ( ̄〜 ̄ ちょっとイイデスカ??


(以下辛口トークが続きます。)




3D映像、音声が聞こえないんでなにがなんだかさっぱりっす。
何の映像なのだ?何が見せたいのだ??
そして、3D映像のとこでは車椅子とベビーカーの方はこちらに、
って別モニタにご案内してくれたので


 ( ̄〜 ̄ んじゃ、360度モニタもご案内?


と思ってたら、いざ入場のときになってもほったらかし。
早く入ってーって感じでのご案内でした。

みんなが中に入ったあとに遠慮がちにはいると既に観覧場所はいっぱいです。
他の人の後ろからなので、体長1mに未満のりちゅには、見える範囲が限られちゃいます。

車椅子の人も誘導されなかったんで、上の方しか見えない入り口付近で見られていたようです。
車椅子の人の後にベビーカーを押して入ったヨメも同様。


 ( ̄〜 ̄ 一番肝心なとこで弱者に対する配慮が欠けてるにゃ


せっかくここまではご配慮いただいたのに、肝心なところもちゃんとして欲しいです。
あんなに案内の係の人がいるのに。
いや、正直、あんなに人がいるのか???

文句ばっかになっちゃいましたが、360度のスクリーンはあたかも観客自身が
移動してるかのように見えて、映像はとっても素晴らししかったっす。
だけど、いったいなんのための映像だったのかしら???

その後のフロアもしかり。
観客をたくさん集める見世物をしたいのか、何かを訴えかけたいのか、
どっちつかずで、これが日本のパビリオンなのかとおもうと、悲しいっす。

経済と技術で世界をリードする日本ならではのパビリオン、
プレゼン能力が低く、まだまだ福祉大国には程遠い日本。
ある意味両方を体現したパビリオンなのかもしれません。


 ( ̄〜 ̄; 辛口の度が過ぎた・・・・


最後にフォロー。
繰り返しになりますが360度スクリーンの映像は凄かったっす。
来月からは第2段も登場するそうです。
こいつはぜひ万博後もどこかに移築して続けて見せて欲しいです・・・。

posted by しげ at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 愛・地球博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

愛・地球博/IMTS編


会場内の乗り物は、

 ・ゴンドラ
 ・IMTS
 ・グローバル・トラム
 ・人力車(自転車タクシーというらしい)

くらいに限られております。
このなかでIMTSは1回200円とお手軽価格です。





こちらがそのIMTS。
自動運転が売りのバスです。

こいつを何度も利用したのですが、メッセ前〜西ゲート駅間は
実は手動運転。




運転席にいるモリゾーは助手席に移動させられて、
おやっさんが運転してくれます。


 ( ̄〜 ̄ これじゃただのバスじゃん・・・


モリゾーキッコロメッセがある「遊びと参加ゾーン」は
もともと公園だった場所を利用しているので、道路の作りの
問題で自動運転ができないんでしょう。たぶん。


また、北ゲート〜西ゲート区間も3台編成のうち、先頭は
おやっさんつきです。





モリゾウとキッコロだけのホントの自動運転は、北ゲート発、
もしくは北ゲート行きの2台目だけみたいです。

鉄道では既に実用化されてる自動運転に取り組むトヨタの
ねらいはいったい何なのでしょう??


ところで、IMTSの西ゲート駅。
西ゲートから入った直後に利用するなら便利なのですが、
グローバルコモン3あたりからIMTSに乗ろうとすると、
だいぶ遠いんですよねぇ・・・。

posted by しげ at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛・地球博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛・地球博/スペイン館編



グローバル・コモン3と呼ばれる場所には、ヨーロッパの
パビリオンが集中してます。
写真の右から、イタリア、奥右がドイツ、奥左がフランス、
左のバラの看板がブルガリア、左のカラフルな六角形のが
スペイン館です。





とっても特徴ある入り口です。
おそろいの色合いの制服がかわいいです。


 ( ̄ー ̄* ・・・

 (・o・メ あんたはなにしに来てんの??


残念ながらお姉さんの写真はこれだけです。
しくしく。





中ではスペインの歴史、文化が紹介されてる・・ようです。
あんまり詳しくみてません。





万博とどう関係があるのやら。
レアルのユニフォームです。

興味がないので、どれがだれのサインか、さっぱりです。


以上、ほとんど涼みに入っただけのスペイン館でした。。。
posted by しげ at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛・地球博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

愛・地球博/ヨルダン館編


メインは死海体験なんでしょうが(なんか文字にすると臨死体験みたいに
みえる・・・)、そんなのんびりしてる余裕はございません。
なので見学だけさせてもらいました。

建物に入るとエレベータに乗って2Fに行くように指示されます。
あまり大きくないエレベータなので、ベビーカーはちょっと周りの迷惑でした。
すいません・・・。





2Fにあがると、そこから死海の体験中の様子が見下ろせます。


 ( ̄_ ̄; ・・・見下ろしてどうする!!


真横から、


 (@〜@;; おぉー、浮いてますです


というのが、売りじゃないのか>ヨルダン館さん。

薄暗い中で真上からみても、なーんにも面白くないぞ。
いわんや、男子中学生やおばちゃんの水着なんて(涙)。




階段で1Fに降りると、なにやら人だかりが。
小さなビンに砂を入れてるオヤジ、発見。


 ( ̄〜 ̄; ??

 (^o^ ??


サンドアートというやつでした。
色の違う砂をうまい具合に入れて、そとからみて絵になるようにする技術のようです。
要領は分かりましたが、気が遠くなるような作業です。
写真右が完成形のひとつです。


 ( ̄O ̄; す、すげぇ


さすが「万国博覧会」・・・「万国びっくりショー」に近い気もするけど。

posted by しげ at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛・地球博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛・地球博/イタリア館編



さすがにオシャレでございます。





単なるイタリアの産業のご紹介パビリオンですが、
なんか全体的にこじゃれてます。
さすがです。





で、目玉の一つ、踊るサテュロス像。
(近くは撮影禁止なので、遠くから・・・)

こんなものが2000年以上も前に作られたんですねぇ。
躍動感のあるすばらしい、芸術作品でごじゃいます。
素直に感動。





そして、チョコでつくった車。

あまーい匂いがプンプンしてます。


 (^O^ チョコレート!!!


さすがの(?)りちゅも感づいたようです。



 ( ̄_ ̄; 一かけら食べて確認してもよいかのぉ?

 (・o・; だめに決まってるでしょ!!!!






イタリア、いいなぁ・・・。
posted by しげ at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛・地球博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛・地球博/大地の塔編



私が長久手日本館の整理券をゲットして入る間に
ヨメが列に並んでました。
待ち時間表示は30分。
時間が経つにつれて待ち時間は長くなっているようで、
昼過ぎには1時間ほどになってました。

列に並んで、ぐるぐると歩かされて、いざ中へ。


 (・o・; 階段あるじゃん!!


案内の人に「ベビーカーはここに置いてくか、畳んでね」といわれたので
畳んでもって入ったのですが、階段は想定の範囲外でした。
混雑で邪魔だから畳んで、っていうことかと思ってたのに。





中は巨大な万華鏡でございます。
人を少しずつ中にいれて行く方式(つまり、総入替
じゃないってこと)なので、ほかの人よりもゆっくり見させて
もらいました。

さすがにキレイでございます。
万博と万華鏡、「万」以外の共通点を見出すことはできません
でしたが。






建物全体に水が流れてるので、風が吹くと水しぶきが
周囲に飛び、涼しくて気持ちいいです。


 (@_@; か、カメラが濡れる・・・


りちゅは楽しそうでしたが、精密機器には危険でした。

posted by しげ at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛・地球博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

愛・地球博/駐車場編


一日3000円、とベラボウに高い設定のせいか、平日だったからなのか、
朝早かったからなのか、とにかく結構空いてました。

そのため、駐車位置としてバス乗り場に近い場所に誘導して
もらえたのでありがたかったっす。

駐車場では、自販機で駐車場コインを購入します。





こんなやつ。




バスに乗る前に購入します。

これをハンディターミナルにかざして人数チェックとか
するようです。

バスは数分間隔で運行されるので、乗車待ちはあっても、
バス待ちはありませんでした。
ただ、乗車待ち行列が長かったので、2台程見送りましたが。

エコバスなので、中は狭いんで、ベビーカーはたたまないとだめっす。


さて、駐車場に到着したのが8時半過ぎ。
西ゲートには9時前に到着したのですが、手荷物チェックのながい行列に
阻まれてなかなか中には入れませんでした。

やっぱ8時過ぎには列にならんどかないとお目当ての整理券は
厳しいのかも知れません。

私は長久手日本館の整理券をゲットしましたが既に16:00以降分しか
配布されてませんでした・・・。


教訓:お目当ての当日整理券をゲットするならゲートに早めに並ぶこと
posted by しげ at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛・地球博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛・地球博/アクセス編


神戸市西区から、中国道・名神・東名を経由して会場入りしました。
朝6時前に出て、8時半頃の到着。
平均速度は秘密です・・・。

吹田ー米原間で予想以上に車が多く、思った以上に遅くなってしまいました。
ほんとは8時に到着するつもりだったんだけどなぁ。
朝早いんで空いてると思ったのですが、中国道・山陽道とは違いますねぇ。


さて岐阜を越えて愛知県入りしてから、道路わきに
「万博情報はFM77.3」のようなノボリを見かけるようになりました。
FM77.3は万博にあわせて開局されたFM-LOVEARTHです。


 ( ̄ー ̄ 交通情報とか混雑情報とかあるかな?


と思い、チャンネルをあわせて見ましたが、音楽と、一般的な渋滞情報のみ。
入り組んだ高速道のどれを通ってアクセスしたらいいか、という情報はおろか、
各ゲートや駐車場の混雑情報もなし。

せっかくなんだし、朝はこういう情報を流してほしいなぁ・・・
実際、高速の看板も情報が少ないんで、いったいどこに向かってきゃいいのか
わかんないんです。
(調べてみると、そういう情報も流してるようですが、私が欲しいときには
 流れてなかった・・・・残念)


というわけで、


 (・o・; な、名古屋って岡山より向こう??


とかいうとんでもなく方向音痴なヨメのナビを頼る以外の方法はありませんでした。
それでもなんとか長久手駐車場に到着。


 v( ̄ー ̄ 私の野生の「カン」の勝利


教訓:どのICで降りるかくらいは調べておきましょう。
posted by しげ at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛・地球博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。